内祝い・お返しにカタログギフトの【ありがと39】 内祝い・お返しにカタログギフトの【ありがと39】

出産祝いのマナー


出産祝いを贈るポイント

出産祝いは、ベビー服などの実用的なものが喜ばれます。
男子用女子用がありますので、出産時にどちらだか聞いておくと良いですが、聞けない場合は男女とも使える黄色や白にしておくと無難です。

3人目くらいの子になると必要なものは全部そろっていたりしますので、いくつあっても困らないものや消耗品が喜ばれるようです。最近では好きなものを選んでもらえるカタログギフトを出産祝いとして贈る方も増えています。

 

出産祝いを贈るタイミング

出産祝いはあくまでも出産してからのお祝いです。間違っても出産前に贈ってはいけません。万一死産のときには大変失礼になります。

また、出産という大仕事を終えたお母さんは休養が大切ですので、肉親やごく親しい人以外は、産後すぐに伺うのは避けましょう。

お見舞が産後1か月を過ぎる場合はお祝いはその前に贈るかお祝いの電話や手紙などを送っておきましょう。
また、日が経ってから出産を知った場合には、お祝いとしてお詫びの手紙を添えて贈りますが、 1年近くたっている場合には、初誕生日のお祝いとして贈ると良いでしょう。

出産祝いの予算の目安

会社関係の相場:3000〜5000円
友人の相場:5000円
兄弟・身内の相場:10000円〜

 

内祝いギフトサービス(のし)

表書:「御祝」「御出産祝」「祝御出産」など
水引:紅白の蝶結び
名前:名字

お祝いののし紙

 

お買い物について
ページの先頭へ1つ前へ トップページへ