内祝い・お返しにカタログギフトの【ありがと39】 内祝い・お返しにカタログギフトの【ありがと39】
内祝い・お返しにカタログギフトの【ありがと39】
ホーム 初めての方へ FAX・メール注文 送料・お支払い
通信販売表記 お問い合わせ サイトマップ

結婚内祝いのマナー


結婚内祝いとは?

結婚内祝いは結婚披露宴に出席されなかった方への結婚祝いのお返しです。
披露宴に出席された方へは、料理や引き出物などがお返しになります。

 

結婚内祝いを贈るポイント

特にお世話になった方には、内祝いを持参して挨拶するのが礼儀ですが、郵送する場合はお礼状を添えると良いでしょう。また、内祝いを贈るリストとして、お祝いを頂いた方全員のリストをあらかじめ作ると贈り忘れがありません。
内祝いのお品としては、先方に喜ばれるものが一番です。先様の趣味・嗜好などよく知らない場合は、金額に応じて先様がもらって選べる贈り物カタログギフトが人気です。

結婚内祝いを贈るタイミング

挙式後1ヶ月くらいまでに贈ります。

結婚内祝いの予算の目安

予算はいただいたお祝いの半額程度が目安です。引き出物と同じものでも構いません。
また、とても高額なお祝いを頂いた場合は、半額のお返しとなると高額になってしまうため、そういう場合は半額にこだわらずに、気持ちの範囲のお返しにします。

 

結婚内祝いギフトサービス(のし)

表書:結婚内祝
水引:紅白の十本結び切り
名前:両家名、新郎新婦のお名前など

結婚内祝いののし紙

 

結婚内祝いのタブー

現在では、タブーといっても薄れてきていますが、婚礼のギフトには次のようなことがあります。
・刃物や割れ物は縁がこわれるのでNG
・三品、五品と割り切れない品数を贈る

 

お買い物について
ページの先頭へ1つ前へ トップページへ